いくみ整体

Ikumi Chiropractic Office














Case5: 生理痛は骨盤内のおしくらまんじゅう〜骨盤内臓器の血行不良

生理痛の原因は器質性月経困難症と機能性月経困難症の2つに分
けられます。このうち器質性月経困難症は、子宮筋腫や子宮内膜
症など病気が原因で起こるもので、婦人科できちんと治療を受け
る必要があります。一方、機能性月経困難症は、病気などの身体
的な原因が無いのにもかかわらず症状が出るタイプで、生理痛の
大半を占めています。

機能性月経困難症の原因は〜 1、プロスタグランジン(ホルモ
ン)の分泌量が多い 2、ストレス 3、冷え 4、骨盤内臓器
の血行不良などが考えられます。また、生活習慣や体質などと関
係があります。 




疎泄(滞りなく流れ、発散する)が解決のポイント

プロスタグランジンとは生理中に分泌されるホルモンで、その働
きは子宮を収縮させ、経血をスムーズに体外に出すことです。し
かし、このホルモンがたくさん出ると子宮の収縮が過剰になり、
酷い生理痛の原因になります。

また、ストレスや冷えは自律神経とホルモンバランスを崩し、血
液循環を悪くするため、プロスタグランジンが骨盤内に滞りま
す。

骨盤内の構造を見ると、子宮は骨盤の下層にあるため、内臓下垂
で胃腸が下がると子宮は圧迫されるような状態になり、これもま
た血行を悪くする原因になります。

生理痛で悩んでいる人は、お腹のコリをほぐし骨盤内の血行を良
くして、痛みの物質が滞りなく流れ、発散するようにしてあげる
事が大切です。







お問い合わせ・ご予約は 047-321-0193