いくみ整体

Ikumi Chiropractic Office














Case2: 骨盤のゆがみ〜産後の腰痛、股関節周囲の痛み、下半身太り 

骨盤の形は上が広く下に行くほど狭くなっていて、ちょうどハー
トの様な形をしています。

女性は妊娠すると、リラキシンというホルモンの作用によって、
骨盤の特に恥骨の靱帯(恥骨結合)をゆるめて出産に備えます。

出産時は骨盤の恥骨のところが大きく開いて、赤ちゃんが産道を
スムーズに通れる様になります。

出産直後の骨盤は恥骨が開いたままでグラグラの状態です。骨盤
が元に戻るまで最低

でも1ヶ月半〜2ヶ月かかりますので、この時期は無理をしない
よう注意が必要です。




産後の骨盤ケアのポイント

産後の骨盤ケアで先ずお勧めなのは、できるだけ早い段階にサラ
シやトコちゃんベルトなどの固定装具で骨盤の下部(股関節に近
い部位)を固定することです。しかし、それらのケアをして1〜
2ヶ月しても改善しない方は、骨盤のゆがみを疑ってください。

骨盤が歪むとお尻の筋肉が硬くなり骨盤が外側に引っ張られて、
元の位置に戻り難くなっている可能性が考えられます。このよう
な人は立ったとき骨盤の高さが左右で違ったり、股関節を回すと
ギクシャクしたり痛みが出るので直ぐに判断できます。

また、骨盤が開いているとお尻が横に広がり、下肢(太もも)が
硬くなるので、下半身に脂肪がつきやすく下半身太りの原因にな
ります。

産後の経過には個人差があり症状の出方も様々です。お一人おひ
とりに合わせて丁寧に施術させていただきます。








お問い合わせ・ご予約は 047-321-0193